彼女が欲しいという呟き

青春時代。 誰もがきっと通ってきた道ではないでしょうか?? 自分が1番楽しく輝いていた時代かも。
学生時代。 どうやって過ごしましたか??

平凡に過ぎ去った日々。 それはそれでいいでしょう。
部活に闘志を注いだ部員たち。 それもいいんじゃないかと思います。

とは言え、恋もしたい年頃。 異性に対してドキドキしたい。 常にハートを送っていたいって。
きっと彼女がいれば・・・って思うこともあるでしょう。 そんなときの呟きが”彼女が欲しい” という独り言なのかもしれません。

恋をして部活に励む。 これが1番輝く学生時代? それもありなのかもしれませんね。
彼女が欲しい理由。 そんなの誰にだって分からない。 気の向くままに、心の揺れるがまま。

それでいいんじゃないですか。
彼女が欲しい。 楽しく幸せに過ごしたい。人は独りでは生きられない。だから彼女が欲しいと思うのかもしれません。

彼女が欲しい・・
彼氏が欲しい・・
独りなら、誰でも思うことです。けれど、思春期のときと社会に出てからの思いでは微妙に輝きが違うように思います。
同級生にときめいたり、ひとめぼれしたり・・あの何とも言えない甘酸っぱさは思春期ならでは・・ですね。

けれど、学生時代には多かった出会いも社会人になり年を重ねるごとにだんだんと減っていくような気が致します。

コメントは受け付けていません。